第6回湘南国際マラソン2011/11/05 23:01

湘南マラソンに参加してきました。

■開会式
湘南マラソン

湘南マラソン

湘南マラソン

湘南マラソン

■スタート地点
湘南マラソン

湘南マラソン

湘南マラソン

■スタート!!
湘南マラソン

湘南マラソン

湘南マラソン

湘南マラソン


湘南マラソン

■茅ヶ崎付近
湘南マラソン

■江ノ島折り返し地点
湘南マラソン

湘南マラソン



土砂降りの塩嶺王城パークライン10マイルマラソン大会2011/05/29 20:15

第13回塩嶺王城パークライン10マイルマラソン大会を走ってきました。

今年に入って、はるな梅マラソン、長野マラソン、野辺山ウルトラマラソンが立て続けに震災の影響で中止となり、結果的に今年初のマラソン大会となりました。

その今年初マラソンが、台風から変わった温帯低気圧の影響で、土砂降りの雨となりました。長野市を出発したときは普通の雨だったけど、スタート地点の岡谷市鳥居平やまびこ公園についた時は土砂降り状態。

「走る気しねぇ~」と思いつつ、スタートラインに立てばそれなりに闘志が湧いてくるものなんですね。

ここのコースは、平らなところが全くありません。スタートしてから2キロくらい登り、それから中間地点の8キロまでひたすら下り。中間地点からの登り返しがきつかったです。初めて参加した大会なので、どのくらい進めば登りが終わるのかわからず、もうそろそろと思っていた残り4キロくらいで、きつ~い登りが待っていました。

土砂降りではあったけど、風もなく、気温は16℃くらいと走りやすかったことは確かでした。でも雨で靴ひもが滑りやすくなったのでしょうか、途中3回も靴ひもが脱げてしまう災難にも遭いました。

10マイルという短い距離だったので最後の2キロの下りは思いっきり飛ばしました。1時間21分あまりでゴール。キロ5分以内は達成できなかったけど、最近はフルかウルトラ、短くてもハーフしか出場していなかったので、10マイル(=16キロ)という短い距離は新鮮さを感じました。

このマラソン大会は、岡谷市、塩尻市、辰野町の2市1町のコースを走る関係で、参加賞がそれぞれの市町からでていて、中でも辰野町の「夜明け前」という地酒を参加賞でいただけたのは嬉しかったです。
大規模大会もいいけれど、参加者が1000人から2000人程度のローカル大会に参加してみるものいいかなと思いました。

塩嶺王城パークライン10マイルマラソン

塩嶺王城パークライン10マイルマラソン


長野マラソンの日に長野マラソンコースを走ってきた2011/04/17 16:50

今日は長野マラソンの日。

大会は中止になってしまったけど、仲間5人で長野マラソンコースを走ってきた。

天気は快晴、北寄りの爽やかな少し冷たい微風が吹く、絶好のマラソン日和になった。

最初にゴール地点の南長野運動公園に車を置きにいったら、20人ぐらいの団体が走っている。先日送られてきたナンバーカードを付けて走っている人までいる。
テンションが上がってくる。

スタート地点の東和田運動公園へ移動。こちらも大勢待機しているかと思ったが、思ったより少し。でも、県外ナンバーまでいる。そして本番のスタート時刻8:30近くになるとあちこちからランナーが集まってきた。

僕たちは8:30より早目に出発。長野市内から郊外に抜けるマラソンコースを走った。

五輪大橋とMウェーブの折り返しコースでは多くのランナーとすれ違った。お互いに、「こんにちは」とか「がんばってください」と声をかけあう。
中には沿道の人まで応援してくれる。

本番の大会と変わらないくらい。

五輪大橋から先は北アルプス、北信五岳を展望しながら走る。本当に気持ちがいい。桜は金曜日に開花宣言をしたばかりでまだ2~3分咲、昨年は満開だった桃の花はまだ未開。花の色添えは少なかったけど、早春の信濃路という言葉がぴったりくる風景だった。

空気が乾いていて、風も少し冷たいので、それほど汗をかかずに、5時間弱の時間をかけて南長野運動公園にゴール。

走った後も爽快感でいっぱいだった。

野辺山ウルトラマラソンも中止2011/03/29 21:22

野辺山ウルトラマラソンも中止が決定されました。

はるな梅マラソンは、直前まで決行としていたのが福島原発事故の拡大懸念を受けて中止を決定。
長野マラソンや野辺山ウルトラマラソンは、震災の全容が見えなく且つ福島原発が予断を許さない状況からなし崩し的に中止となったようにも見えます。

いずれにしても、いたしかたないことなのだけど、先が全く見えない現状は不安を募らせるばかりで、最前線で対応されている方の尽力で前が見通せるように早くなってほしいと願うばかりです。

先日のブログでは、被災地へのボランティアを考えていると書きましたが、場所によるけど、被災地の多くは物資が届きにくい状況でガソリン不足、余震がおさまらない状況から、ボランティアは近隣から通いで可能な範囲に限定しているところが多いようです。
僕のような遠方からのボランティアは行きたくても受付体制ができていないのです。

復興にはだいぶ時間がかかりそうなので、長い目で見てきたいと思います。

長野マラソンは参加料全額被災地へ寄付することになりましたが、野辺山ウルトラマラソンは全額で無いですが一部払い戻しとなりました。
ウルトラマラソンは高額なので、正直ちょっとホッとしています。

いずれにしても、多くのイベントがキャンセルされ続けるなか、先が見えない世の中を、少しでも明るく、元気になれる、そんな小さな明かりが見え始めてくれることを祈っています。

長野マラソンの開催予定だった4月17日、長野マラソンコースを(交通規則を守って)有志で走ることにしました。

長野マラソン中止決定2011/03/22 21:32

「震災のこと、マラソンのこと、その他イベントのこと」を書いた翌日の今日、長野マラソン大会の中止が発表されました。

僕にとっては、マラソンのなかでも最大のイベントだったので正直ショックを隠せません。でも、サイトのお知らせにあるとおり、参加費総額の約7千6百万円が被災地へ義援金として送られるとのこと。被災地で大変な思いをしている方に少しでも役立てればと思います。

中止の決定は仕方が無いことですが、これまで12年間走り続けてきた長野マラソンを走れないのは、正直心の中にぽっかり穴があいた感じです。
もしかしたら、4月17日午前8時半、単独で長野マラソンのコース(歩道)を走っているかもしれません。

長野マラソン中止のお知らせ